男性

営業活動がしやすくなるsfaの利用|管理が楽になり効率が良くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業活動に特化した製品

社内

導入しやすくなってます

sfaとは、セールス・フォース・オートメーションの略語で、営業活動に関するプロセス全般を管理・分析し、効率のいい営業活動ができるように支援するシステムです。sfaの人気は、導入にかかるコストが軽減され、使いやすさが向上していることが理由の1つでしょう。従来のsfaは、導入する際の初期費用や運用コストがネックでした。また、システムが使いにくい、入力が面倒という理由で、営業情報の入力が行われず、導入しても活用しきれないというケースもありました。しかし、今のsfaは、導入コストの軽減や、使い勝手の向上を実現しています。昨今の通信環境の向上にともない、クラウド型のsfaも数多く登場。初期の設備投資や保守にかかる費用が軽減されました。月額費用も利用しやすい価格のサービスが多くあり、導入しやすくなってきています。外出先からもモバイルでアクセスできたり入力負担を減らす工夫などで、営業マンも使いやすくなっています。

CRMとの違い

sfaと似ているシステムでCRMというものがあります。顧客情報を管理するという点は共通ですが、sfaは営業プロセスに特化している特徴があります。CRMが蓄積した顧客情報をもとに、マーケティングやコールセンターなど営業以外の部門からも利用し、顧客に最適なサービスや商品を提供して利益をあげることを目的としているのに対し、sfaは営業部門がメインに利用します。顧客への初回コンタクトから受注にいたるまでのプロセスを管理して分析することで、効率よく営業活動ができるようにサポートします。各営業マンの営業活動を一元管理することで、売上を伸ばしている営業マンの活動方法を他の営業マンが参考にしたり、適切なタイミングで上司が営業サポートを行うこともできます。自社で導入する時は、sfaとSRMの違いを理解しておくといいでしょう。

効果的な業務遂行の為に

女性

組織は様々な人間で集まり機能します。その為には全員の強みを最大限に活かす必要があります。一人でモチベーションを持続させる事は非常に困難です。その為にも上司には高いコミュニケーション能力が必要です。

More Detail

行動予定共有とシステム

IT

他の社員や他の部署とのスケジュールを共有することで、業務をスムーズに回すことが可能になる。この場合、スケジュールソフトを活用すると効率を上げられる。スケジュールソフトでは操作性の良さと、どこでも参照できることなどが重要である。

More Detail

社内のスムーズな情報共有

紳士

全社員のスマートフォンにプッシュ通知機能を設定しておけば、社内で確実かつリアルタイムに情報を共有することができます。特に重要な情報は通知設定にかかわらず通知し、重要度の低い情報はプッシュ通知しないことが大切です。

More Detail